【ダイソー】USB式サーキュレーターを使ってみた感想・レビュー・HOO-M019

ダイソー_USB式サーキュレーターサムネ ガジェット
質問する人
質問する人

ダイソーにサーキュレーターがあったけど、どうなのかな?実際に使った人の感想を聞いてみたいな。

こんな質問にお答えします。

◆この記事の内容
・ダイソーのサーキュレーターを実際に使った感想をご紹介します。
・良かった点/気になった点をご紹介します。
うまし
うまし

ハードウェアエンジニアのうましが解説を行います。

スポンサーリンク

【ダイソー】USB式サーキュレーターを実際に使った感想

サーキュレーターは、扇風機よりも前に送風する力が強いので、室内に気流を発生させるのに最適な家電です。

アイリスオーヤマ_サーキュレータ20
画像引用:アイリスオーヤマ

そのため、冷房や暖房を効率良く循環させることで節電を図ることができたり、室内に干した洗濯物に送風することで湿気を飛ばして乾燥を早くする効果が期待できます。

アイリスオーヤマ_サーキュレータ23

アイリスオーヤマ_サーキュレータ21

アイリスオーヤマ_サーキュレータ22画像引用:アイリスオーヤマ

今回は、ダイソーのUSB式サーキュレーターを実際に購入して使った感想をご紹介します。

開封と外観の確認

うまし
うまし

ダイソーのサーキュレーターを実際に開封してみます!

ダイソー_USB式サーキュレーター01商品の箱の様子

ダイソー_USB式サーキュレーター13箱の裏面には仕様が記載

ダイソー_USB式サーキュレーター02商品の内容

◆商品の内容
・サーキュレーター本体
・取扱説明書
・安全に使うための注意書き

ダイソー_USB式サーキュレーター03外観①
※電源はUSB-Aから供給します

ダイソー_USB式サーキュレーター04外観②

ダイソー_USB式サーキュレーター19外観③

ダイソー_USB式サーキュレーター05重量を測定(495g)

ダイソー_USB式サーキュレーター07

ダイソー_USB式サーキュレーター06上向き90°まで角度を細かく調整可能です

ダイソー_USB式サーキュレーター10風量調整ボタン(OFF時)

ダイソー_USB式サーキュレーター12風量調整ボタン(弱)

ダイソー_USB式サーキュレーター11風量調整ボタン(強)

実際に送風してみる(消費電流の測定)

実際に送風させてみました。スマホの充電などで使用するUSB充電器をサーキュレーターのUSBに接続して電源を供給します。

ダイソー_USB式サーキュレーター14動作させている様子

ダイソー_USB式サーキュレーター18『弱』で動作時:422mA

ダイソー_USB式サーキュレーター17『強』で動作時:535mA

良かった点

送風音がとても静か

このダイソーのサーキュレーターは、送風音が非常に静かです。そのため、夜間に室内に干した洗濯物を乾燥させたい時などに効果を発揮してくれます。

アウトドアなどでも活用しやすい

ダイソーのサーキュレーターは、電源供給がUSBなので、モバイルバッテリーでも動作することができます。10,000mAhのバッテリーを使用した場合、強で送風して9時間ほど動作可能でした。これならキャンプや屋外での作業などにも活用することができて便利です。

ダイソー_USB式サーキュレーター16モバイルバッテリーで動作できて非常に便利

解体が簡単なのでお手入れも簡単

ダイソーのサーキュレーターは、工具などを使わずに簡単に解体することができます。清掃も楽なのは良いポイントです。

ダイソー_USB式サーキュレーター08解体時には赤丸部分を『OPEN』に合わせます

ダイソー_USB式サーキュレーター09簡単にガードを外すことができます

軽量なので持ち運びも楽々

「昼間はリビングで使用したい」
「夜間は寝室で使用したい」

このように設置場所を変更して使用したい方も多いかと思いますが、ダイソーのサーキュレーターは、重量が500gと非常に軽量で片手で簡単に持てます。持ち運びも楽なのは非常に良かったです。

注意点および気になった点

広い部屋では少しパワー不足かも

6畳くらいのお部屋で使用するにはちょうど良いのですが、8~10畳のリビングなどで使用するにはパワー不足のように感じました。そのような広い部屋で使用するにはもう少し本格的なサーキュレーターを選んだ方が良いかと思いました。

首振り機能がない

ダイソーのサーキュレーターは、低価格でお求めやすいのが魅力ですが、自動の首振り機能がありません。そのため、固定した位置・角度での送風になります。「首振り機能が欲しい」という方は、この点にはご注意ください。

リモコンはなし

サーキュレーターの中には、リモコンで電源のON/OFFや風量を調整できる製品もありますが、ダイソーのサーキュレーターは、リモコンはないモデルになりますのでご注意ください。

タイマー機能はなし

ダイソーのサーキュレーターは、タイマー機能もありません。そのため、「○時間後にOFF」という使い方をご希望の方は、この点にはご注意ください。

パソコンから電源供給する場合は注意が必要

結論からお伝えするとパソコンでも動作させることは可能でした。USB3.0(青いUSBコネクタ)の規格が最大900mAまで流すことができますが、商品の注意書きに「1A以上流れる」と記載がありました。電源ON時、瞬間的にグッと電力を消費している可能性があります。破損防止のため個人的にはパソコンからの電源供給は避けた方が良いように感じました。

ダイソー_USB式サーキュレーター15

結論:ダイソーのサーキュレーターは様々な場所で活用できる便利な商品だった

今回、ご紹介したダイソーのサーキュレーターは、気になる点もご紹介しましたが、「買って良かった」と思える商品でした。特に屋外でも使用できて場所を選ばないので様々な用途で活用できるのが良かったです。

ダイソー_USB式サーキュレーター16
モバイルバッテリーで動かせるのでアウトドアでも活用できます

やはり扇風機とはちがい、サーキュレーターは前に送風する力がすごく強いので扇風機よりもより効率良く室内の空気の循環や洗濯物の乾燥を行うことができるようになり満足しています。

「お求めやすいサーキュレーターを探している」
「初めてサーキュレーターを使ってみたい」

こんな方には、ダイソーのサーキュレータはおすすめです。ただし、「広い部屋でも活用できる本格的なサーキュレーターが良い」という方には、安心の日本企業であるアイリスオーヤマの製品をおすすめします。

ダイソーサーキュレーターの仕様

型番 HOO-M019
電源 DC5V / 0.6A(USB-A)
サイズ 190 x 175 x 220 mm
重量 500g
角度調整 上向き90°
風量 2段階(弱・強)
重量 500g

パワーが欲しい方にはこちらもおすすめ