信用取引で大損|ライブドアショックで破滅した男性の末路

投資とギャンブル
karitoke

信用取引で大損|ライブドアショックで破滅した男性の末路

翔太さん(41歳:仮名)

「もう、後悔しても仕方ないんだけどね」

僕は学生時代はそこそこ勉強はできました。高校は県内一の難関校、そして国立大学に進学、そして大手企業に入社。ここまでは順調な人生だったと思う。しかし、就職してから人生が一変した。

単純作業の雑用を繰り返すだけの日々。自分は「上の下」くらいと思っていたのが、気づけは「中の下」くらいまで落ちてたんです。プライドが邪魔をして友人達とも疎遠になりました。

だから、何としてでも僕は成功者になりたかった。金持ちになりたかった。働かなくても生活できる資産を築きたかった。そして、何よりも

友人達からうらやましがられる存在になりたかった

しかし、この想いが僕を破滅に引きずり込むことになるとはね。僕は人生の一発逆転を狙っていたものがあったんです。

「株式投資」

僕は2003年3月に大学を卒業と同時にネット証券の口座を開設して株取引を始めたんです。僕は大学時代にバイトでコツコツと貯めた100万円を入金して株式投資をスタートしたけど、実を言うと開始直後からすごく儲かったんだ。なぜか?

2000年に起こった「ITバブルの崩壊」が徐々に落ち着きだして、僕が投資を始めた2003年4月くらいが底だったんだ。だからこの時期に株を始めた人は基本的には何を買っても儲かるような時期だった。

2003年4月に8,000円くらいだった日経平均株価は、2004年末にはほぼ一本調子で11,000円くらいまで上昇した。僕の投資人生のスタートは本当に順風満帆だった。僕はその時、こう思った。

僕は天才だ。株の才能がある

実際は相場がすごく良かっただけなのに僕はそう勘違いをしてしまったんだ。そして、僕は株にのめりこみ『信用取引』という言葉を知った。信用取引というのは簡単に説明すると担保としてお金を入金すると証券会社からお金を借りて、最大でその金額の3倍までの取引を行えるというもの。つまり、借金をしているのと同じなんだ。

僕は信用取引の口座を開設し、150万を保証金として3倍弱の400万円分の株を買いあさった。すると、驚くことに2005年の年末には1,000万円近くまで増えていた。

年収が300万円程度の男が株を保有するだけで何百万円もの利益を得る。冷静でいられるわけがないよね。周囲には「株をしないやつはバカ」「次はこの銘柄が来る」なんて、えらそうなことを言ってた。完全に自分は一流の投資家になった気分だったよ。

あと1年もすると資産が1億くらい行くかもしれない。そしたら、友人達にも大きな顔ができる。

「僕も成功者の仲間入りができる」

心の底からそう信じて疑わなかった。しかし、これは全て幻想だったんだ。

そして、僕は次の銘柄を物色し、ソフトバンク(9984:現ソフトバンクグループ)を信用全力で買った。最初は恐怖心があったものの、じりじりと上がり続けて、僕の資産が1,300万円まで上昇すると恐怖心など吹き飛んだ。

やはり僕はセンスがある

ソフトバンクの利益を確定した僕は株での成功が続き、完全に冷静さを失った時期だった。そして、次なる獲物を探した。

ライブドア(4753)

②へ進む