【実話】起業の失敗は悲惨|裏社会に引きずり込まれた末路

社会問題

みなさんは大人気コミックの「闇金ウシジマくん」をご存じだろうか?

その中に「中田広道」という夢を持った若者が登場する。僕はこの人物にそっくりな体験をすることになる。最初に断っておくが中田広道と違う点が3つある。

①借金はしなかったこと
②薬物は扱わなかったこと
③ハッピーエンドで終わったこと

だから、こうして今も生きている。

【実話】起業の失敗は悲惨|裏社会に引きずり込まれた末路

「起業」

多くの若者が夢見て挑戦し、ほとんどが夢破れて退場していく世界。

僕も「起業」という言葉にあこがれた若者の1人だった。結果的に僕は周りの大人に振り回されて、裏社会に引きずり込まれ、そして何もかも失った。

これからご紹介する話は全て現実に起こった出来事だ。一握りの成功者の影には僕のような「地獄に落ちた者」がいるという現実を知って欲しい。

26歳の時、僕はエンジニアとして会社に勤めていた。

「1度は起業をしてみたい」

しかし具体的なビジョンもなく、漠然とした願望を10代からずっと持っていた。

IPOで億万長者誕生
年商10億円
秒速1億

成功者=金という分かりやすい式をメディアがもてはやす時代だった。手を伸ばすと僕も成功者の仲間入りできるんじゃないだろうか?そんな、あこがれを抱いていた「夢見る夢男」だった。

その年のゴールデンウィーク。僕は衝撃的な体験をした。1人で高速道路を走行中に大渋滞に巻き込まれた。

「事故かな?」

ゴールデンウィークということもあって、ただでさえ交通量が多いのに事故なんてたまったもんじゃない。迷惑だなぁと思いながら車をちびちびと進めていった。何やら人だかりができている。警察の方が数人、渋滞の原因になったと思われる場所に集まっていた。だんだんと事故現場が見えてきた。そして僕は目を見開いた。

「人の死体だ」

親族の葬式で遺体を見たことはあるが、葬式の遺体は棺の中に収められたきれいなものだ。しかし、この時見た遺体は全く違う。何度も車にひかれたのだろう。頭と手足がもげてマネキンのように横たわる無残な遺体だった。後からニュースで知ったが高速の陸橋から飛び降り自殺があったらしい。僕は衝撃的な光景をみて、こう感じた。

「僕もいつかは死ぬんだ」

自分自身も「死」というものからは逃れられないということを悟った。無限のように感じるが人生という残された時間は有限なんだ。そして、決断をする。

「今年絶対に起業に挑戦しよう」

そして、ありふれているけど、重みがある言葉が僕を突き動かした。

「たった1度の人生だ」

ひとりぼっちの挑戦者

そのゴールデンウィークに僕は起業するための事業を考えることにした。いくつか出した案から将来性や僕1人で行えるものを選別した。その中から1つ良さそうな案が残った。フリーペーパーで店舗や塾の広告をするというものだ。

僕が当時住んでいた市はフリーペーパーが弱かった。リクルートのタウンワークやホットペッパーもあるにはあったが、隣にある大きな市のおまけとして後ろにちょっと紹介があるくらいだった。僕はそこにビジネスチャンスを感じた。リクルートからすると小さな売り上げしかなくて手薄になっている地域でも地域密着型のフリーペーパーを発行すれば個人が得るには十分大きな収益が見込めるかもしれない。

今までぼんやりと蜃気楼のように漠然としていた「起業」が僕の中で少しずつ具体性を帯びていくのを感じた。

今挑戦しないと一生後悔する
最悪バイトすれば生活はできる

ポジティブな言葉が浮かんでくる。

しかし、いきなり会社を退職するのはさすがに無謀すぎる。平日の昼間はサラリーマンを続け、夜と休日は起業の準備を行い、僕の事業に対する世間の反応を少しずつテストすることにした。

広告のサンプルを家庭用のインクジェットプリンターで印刷し、2つ折りにして数枚重ねてホッチキスで留めた。その中には

新しくフリーペーパーを立ち上げます。最初は無料ですので協力してもらえるお店を募集しています

と記載し、住んでいた地域の飲食店、エステや美容室、ネイルサロン、塾のポストに直接投函しまくった。100件くらい投函しただろうか。

本当にうまくいくだろうか。僕は期待しないで待っていた。1日経ち、2日経ち・・・1週間くらい経過した頃だったかな。なんと1件連絡があった。

第2回【前進】